So-net無料ブログ作成

長谷川拓帆(仙台育英)のプロフィール&動画【2017ドラフト候補】 [スポーツ]

2017年度の高校野球注目選手を紹介していきたいと思います。今回は仙台育英高校のエース長谷川拓帆投手の経歴(プロフィール)を紹介していきたいと思います。


仙台育英高校は昨秋の秋季高校野球東北大会を優勝していますので、2017年の選抜甲子園の出場は間違いないと思います。エースの長谷川拓帆投手に注目です。

スポンサードリンク




長谷川拓帆 投手のプロフィール(経歴)


長谷川拓帆

images (1).jpg

左投げ左打ちの投手

出  身:秋田県秋田市

身  長:177㎝

体  重:80㎏

プロフィール(経歴)

秋田市立桜小学校スポーツ少年団で軟式野球をプレー。


6年生時に楽天ジュニアに選ばれる。


秋田市立桜中学時代は軟式野球部でプレー。


中学3年時にエースで主将として全国中学校野球大会(軟式)に出場する。


仙台育英高校に進学し、2年生の春からベンチ入り。


2年秋季県大会の背番号10も主戦として活躍。


東北大会より背番号1となりエース。


明治神宮大会では優勝した履正社高校戦に先発6回3失点降板、試合は敗戦。

長谷川拓帆投手のピッチングフォーム



スポンサードリンク





ストレートの最速は143キロでスライダー、スプリット、カーブ、チェンジアップを投げる。球威でおす力投型の投手。


ストレートは常時130キロ後半から140キロ台を投が、それに120キロ台のスプリット、110キロ台のスライダーのコンビネーションが決まればそう打たれることはない。


課題は本人が履正社戦でフォームの乱れから、ストレートがシュート回転してしまったり、制球が安定しないことだという。


ピッチングフォームに関しては桜中学校時代は左腕のテイクバックが少ないフォーム。例えるとソフトバンクの摂津投手や元楽天の長谷部投手のような投げ方だったが、仙台育英ではテイクバックはオーソドックスになった。


今後プロの目に留まる逸材の投手。まずはセンバツ甲子園2017で本来のピッチングをして欲しいと思います。


以上、2017年選抜甲子園直前までの仙台育英のエース、長谷川拓穂党首についての記事でした。


今後も注目していきたい選手です。新しい情報があれば追記していきます!

【関連記事】

野村大樹(早稲田実業)のプロフィール&動画【2018年ドラフト候補】

安田尚憲(履正社)のプロフィール&動画【2017ドラフト候補】

金久保優斗(東海大市原望洋)のプロフィール(経歴)と動画 【2017ドラフト候補】

スポンサードリンク




タグ:長谷川拓帆
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。